画像

大阪市よりU様 カワサキZZR1100

 傷の修正

大事に長年乗ってこられたZZR1100
長い歴史で、ところどころについた傷を修正します。
今回は左右のサイドカウル。

 クラックの修正

見えにくいところですが、クラックが入っていました。
放置すると、だんだん広がる可能性があります。

 ウレタン溶接

樹脂を溶かしてメッシュを埋め込み
純正並みの強度を出します。

 下地処理

パテで形を整え、サフェーサー。

 ベースカラー

キャンディカラーはベースカラーと
キャンディカラーで構成されています。
このベースメタリックが透明度のあるキャンディカラー
のしたに透けて見え、独特の深みを出すのです。

 キャンディ塗装

そのキャンディは回数によって
色が決まっていきます。

 仕上がり

アッパーに合わせてサイドカウルをペイント。

 仕上がり

どうです?  きれいな感じですね。
キャンディってホント魅力的な色です。
塗装工程が多いのとキャンディ塗料自体が
すこし高いので、工賃は通常塗装の
1.5倍ぐらいになります。
実際の手間は2倍以上かかりますけど(^^;。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  ネットからお気軽にお問合せください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
申し訳ございませんがお電話でのお見積りは対応しておりません。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!